介護福祉士実務者研修とは

国家資格である介護福祉士になるための基礎的な知識や技術を学ぶ研修です。

平成28年度(平成29年1月実施)の介護福祉士国家試験から、受験資格として実務経験3年に加えて、実務者研修の修了が義務づけられています。

実務者研修を取得するメリット

メリット1

介護福祉士の受験資格になる!!

平成28年度(平成29年度1月実施)の介護福祉士国家試験から受験資格に実務経験3年に加えて、実務者研修の修了が義務付けられています。

メリット2

サービス提供責任者の要件を満たせる!!

実務者研修を修了すると訪問介護事業所のサービス提供責任者になる要件を満たします。

メリット3

一部の医療行為である

喀痰吸引や経管栄養を学べる!!

医療的ケアである「喀痰吸引」、「経管栄養」を安全・適切に実施するために必要な知識、シュミレーターを用いて演習を繰り返し行い、技術を学べます。

※「医療的ケア」を現場で行うには、実務者研修修了後に喀痰吸引等研修(実地研修)の受講が必要となります。

保有資格によって受講免除科目があります

受講される方の保有資格によって、受講科目の免除があります。

詳しくは、受講免除科目一覧表をご確認ください。

学習コースを選択できます

① レポート提出

② e-ラーニング(web学習)

2箇所から選べる研修会場

教育・研修センターようきの介護福祉実務者研修は、道上校(福山市)と、向島校(尾道市)の2会場で実施しております。開講日時はそれぞれ異なります。

働きながら学べる受講システム

スクーリングについては、仕事との両立が可能になるように集中した期間で実施します。

安心の学習サポート体制

本校では学習を進める上で生じる疑問や質問をはじめ、学習手順や方法などの質問・相談は随時受け付けており、安心の学習サポート体制を整えています。

教育力に裏付けされた実績

知識・技術・心を備えた人材を育てる教育力に定評があり、これまでに多くの介護福祉士を現場に送り出しています。

介護福祉士国家資格取得の実務経験ルート
介護福祉士国家資格実務経験ルート 図解
介護人材のキャリアパス全体像

実務者研修修了+実務経験

介護福祉士国家試験受験資格の獲得

介護福祉士実務者研修 介護人材のキャリアパス全体像

受講料

受講料改定により受講しやすくなりました。

介護福祉士実務者研修受講料(お申し込み特典版)

● 広島県社会福祉協議会貸付事業の紹介

詳細は広島県社会福祉協議会にお問い合わせください。

▶ 介護福祉士実務者研修受講資金貸付事業

▶ 離職者介護人材再就職準備金貸付事業

学習コース

※両コースとも、8日間のスクーリングでの履修が必須となります。

レポート提出コース

レポート提出での学習です。講師の添削コメントで効率的な学習方法へ導きます。
※レポートは郵送・持参にて提出となります。

e-ラーニング(web学習)

PCやスマートフォンでの学習方法です。
※介護課程Ⅱ(アセスメント表・個別援助計画書)はスクーリング時に提出となりますので、レポートを提出していただきます。

受講資格

介護・福祉の資格や仕事に興味のある方は、どなたでも受講いただけます。
ヘルパー2級といった介護の資格の有無や経験は問いません。

お申し込み方法

  1. 「受講の申し込み」ページに必要事項を記入し送信してください。
  2. 受講料の納入方法は、銀行振り込みまたはセンター受付で現金でのお支払いとなります。
    ※振込手数料は各自でご負担ください。いったん納入された費用は原則として返金できません。
  3. 受講申込書の送信(提出)及び受講料の納入をいただいて、申し込み完了とさせていただきます。

お振込先

・金融機関
両備信用組合 神辺支店 普通:70513
・口座名義
陽気株式会社 代表取締役 國上賢一
(ヨウキカブシキガイシャ ダイヒョウトリシマリヤク クニカミケンイチ)

現金でのお支払い窓口

教育・研修センターようき
〒720-2104 福山市神辺町道上1330-1
TEL:084-962-3433 FAX:084-960-3367